「性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報」の記事一覧

ヤバイ!梅毒かも?と思ったら、やってはいけない3つのこと

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
悩む男性

当サイトでも何度もお知らせしている梅毒の流行ですが、専門サイトや各ニユースメディアでもたびたび取り上げられるようになっています。 最近は梅毒のことを意識するようになった人もだいぶ増えてきたんではないでしょうか? でも、梅・・・

特定のパートナーしかいないのに性病になった!でも相手が浮気をしたともうつされたとも限らない!?

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
カップル

今あなたが特定のパートナーとしか関係を持っていないとして、自分が性病に感染していることに気づいたらどう感じますか? きっとたいていの方は、相手にうつされたと怒り狂ったり、裏切られたと絶望するでしょう。 でも、ちょっと待っ・・・

性行為の心当たりがなくても性病検査をしたほうがいい!?セックスしてないのに膣トラブルを起こす2つの性病

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
性病検査キットを申し込もうか悩む女性

あなたは性病検査についてどういう印象を持っていますか? いろんな人と関係を持った人がするものだと思っていませんか? どうも世間の感覚では性病検査は乱れたセックスを繰り返している人がするもので、特定の恋人としかセックスしな・・・

元カレ元カノが多ければ多いほど性病のリスクは高くなる

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
若い女性

昨今の男性は草食男子といわれるほどに、女性と付き合うことをあまり望まない人が増えています。 それにともなって女性の方も晩婚化が進んでいるようです。 でも、一方では自由に恋愛していろんな人と関係を結ぶ人も増えています。 つ・・・

梅毒の検査をどの方法でいつ行うか?と治療効果判定の注意点

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
女性

この数年、パンデミック状態で勢いの止まらない梅毒、恐いですね。 このままだと周りの知り合い、あるいは自分に、いつ感染してもおかしくない状態です。 コンドームを使用するとか不特定の人との関係を避けるとかの予防も大事ですが、・・・

デリケートゾーンがかゆい!外陰部に症状があったら原因は性病?それとも not 性病?

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
若い女性

デリケートゾーンのかゆみは女性にとっては切実な悩みです。 小林製薬の調査では、女性の2人に1人が最近1年間にデリケートゾーンのトラブルがあったと答えています。 デリケートゾーンのかゆみの多くは蒸れやかぶれによるものですが・・・

膣トリコモナス症の検査と治療の際に注意するポイント

性病検査 性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
看護婦さん

膣トリコモナス症はクラミジアや梅毒、カンジダなどと比べるとあまり知られている性病ではありませんね。 でもアメリカでは370万人の感染者がいると推定されるほどポピュラーな性病なんです。 感染しても無症状のケースが非常に多い・・・

アナルセックスでうつる腸炎は性病だけではない!肛門性交で感染する9つの病気

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
ゲイカップル

アナルセックスで感染するのは、赤痢アメーバ症やHIV、A型肝炎だけではありません。 通常の膣性交で感染する性病で腸炎を起こすものも多いですし、性病ではないのにアナルセックスをすることで感染するリスクが高くなる病気もありま・・・

性病を治療せずに放置しちゃダメ!重い病気になってしまいます【防ぐには性病検査】

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
絶望する女性

普通、性病は症状が出てきたら検査を受けて、治療を受けます。 でも性病の中には症状がほとんどないものも多く、本人が気づかないままになっていることが珍しくありません。 そのまま放置されていると、よく知られている典型的な症状と・・・

女性はアナルセックス経験がなくてもクラミジア直腸炎になる可能性がある!?

性病(性感染症、STD)の知っておくべき情報
下痢でお腹の調子が悪い女性

タイトルが衝撃的かもしれませんが、本当のことです。 というか、クラミジアで直腸炎が起こること自体、ほとんどの方が知らないでしょう。 もし、知っていたのならビックリしたのではないですか? アナルセックスでなるものと思ってい・・・

ページの先頭へ