歌舞伎町の風俗

男性には、一般女性との性行為以外に、風俗へ行ってフェラチオやセックスのサービスを受ける人が少なくないですね。

風俗で働く女性は不特定多数の男性を相手にサービスを行っているために、一般女性よりも性病に感染している可能性が高くなります。

なので、風俗へ行く男性は一般女性だけと性行為をしている男性に比べ、より性病感染への警戒をしなければいけません。

この記事では、風俗で感染するリスクの高い性病には、どのようなものがあるのかについてまとめてみました。

フェラチオを主サービスとした風俗は危険がいっぱい

風俗のマット

風俗というと一般にヘルスとソープランドというのがあります。

ヘルスとは本番無しでフェラチオを主としたサービスを行っていて、ソープランドは本番行為を含むサービスを行っています。

本番行為は違法なので、数としてはヘルスが圧倒的に多くあります。

性病にはフェラチオでも感染するものが多くありますから、フェラチオ主体のヘルスでも性病感染の危険がたくさんあります。

風俗では、1人の女性が1日に何人もの男性を相手にするため、それだけ性病にかかるリスクが高いというのは容易に想像できますね。

お店としても、予防のために定期的に性病検査をしたり、最初にお客さんの性器を消毒したりはしているようです。

ただし毎日検査をするわけではないので、もし検査後感染したら次の検査まではわからないままに他のお客さんに感染を広げてしまうことになります。

また、サービス前の消毒は多少の効果はあるかもしれませんが、病変がある場合や体液から感染するタイプの性病ではほとんど意味がないでしょう。

フェラチオでもコンドームを使用したら、かなりの予防効果が見込めるのですが、ヘルスで使っているところはほとんどないようです。

風俗へ行くということは、それだけ性病感染のリスクを背負わなくてはいけないのです。

風俗でもっとも危ないのは淋病

不妊になる性病からくる卵管炎

風俗へ行ったことで感染リスクが高くなる性病として、1番に挙げられるのは淋病でしょう。

淋病は、男性にとても痛い尿道炎を起こす性病として知られています。

クラミジアとともにノド(咽頭)への感染が起こりやす性病としても有名です。

一般の患者数はクラミジアが圧倒的に多いのですが、ヘルスで働く女性では淋病に感染している人のほうが多いというデータがあります。

ヘルスで働く女性では、咽頭への保菌率を調べるとクラミジア6~7%なのに対し、淋菌13~14%もあるのです。

淋菌の咽頭感染では多くが無症状なので、ヘルス嬢は仕事を続けてたくさんのお客さんに感染を広げます。

淋菌はもともと感染力が強い上、ヘルスではコンドームを使用しないので、もし保菌者のヘルス嬢にあたってしまったら、高確率で感染してしまいます。

クラミジアは一般女性よりややリスクが高い

子宮頸がんのイメージ

次に風俗で感染しやすい性病としては、やはりクラミジアが挙げられます。

咽頭への感染も多くみられます。

クラミジアは女性ではおりものの異常、男性では尿道炎を起こしますが、咽頭・性器ともに無症状の多い性病です。

クラミジアでは、一般女性の保菌率と比べてみても、極端にヘルス嬢が高いわけではありません。

一般女性の咽頭へのクラミジア保菌率が5~6%なのに対し、ヘルス嬢では6~7%とやや上昇するだけというデータが出されています。

しかし、保菌率ではそれほど変わらなくても、一般女性とヘルス嬢ではフェラチオの濃密さが違います。

ヘルスでは、コンドームなしで濃厚なフェラチオをするだけに、保菌しているヘルス嬢にサービスを受けた場合は、高率で感染してしまいます。

梅毒・尖圭コンジローマ・性器ヘルペスもリスクは高くなる

尖圭コンジローマや伝染性軟属腫でできるイボのイメージ

ヘルスでサービスを受けた場合は、梅毒・尖圭コンジローマ・性器ヘルペスなどのような、できものタイプの病変をつくる性病への感染リスクも高くなります。

これらの性病による病変がヘルス嬢の口の中にできている場合、簡単に感染してしまいます。

肌と肌を合わせることで、口以外の部分からの感染も起こりやすくなります。

先に述べたように、ヘルス嬢は淋病・クラミジアに感染していることが多いため、他の性病に感染する確率も高くなります。

ヘルス嬢の梅毒・尖圭コンジローマ・性器ヘルペスなど他の性病への感染率については、研究されたデータはありませんが、おそらく感染率は一般より高くなっているでしょう。

本番ありならHIV感染リスクも

HIV(エイズウイルス)

ソープランドでは、表向きは本番行為をしていないことになっていますが、現実には本番が行われているのは周知の事実です。

それもコンドームなしの行為も多く行われているようです。

ソープランドにおいても、ヘルスと同様に上述の性病リスクが高くなっているのは間違いないでしょう。

本番行為が行われているソープランドでは、さらにHIV感染のリスクも高くなります。

 

nicol説明

ソープランドでは定期的にHIV検査が行われているので、不特定多数の相手とセックスしている一般女性よりかはリスクが低いという話もあります。

お金のための性行為なので多少の異常でも…

お金

あなたに特定のパートナーがいたとして、もし自分の性器や口に何か異常があれば、パートナーに相談するか性病検査を受けてみたりするんじゃないでしょうか?

でも風俗で働く女性の場合は必ずしもそうとは限りません。

彼女たちにとっては、性行為は生活の糧です。

仕事を休めば収入はゼロになってしまいます。

もし、何か異常を感じていても、「大丈夫、性病じゃない…」と自分を騙すか、性病だろうとわかっていても、症状が軽ければそのまま出勤するという選択をしてもおかしくはありません。

愛情のあるパートナー相手ではないので、そういうこともあると覚悟しておきましょう。

まとめ

男性の生理から、パートナーのいない人が風俗へいくのは仕方がないのかもしれません。

しかし、性病のリスクに関しては一般の女性と同じように考えていてはいけません。

行くのなら性病になってしまう覚悟をしておきましょう。

自己防衛のためにも、風俗へ行ったあとは期間をおいて性病検査を受けるようにしましょう。

どのくらい期間をあけて検査をすればいいかはこちらの記事を参考にしてください。

GME医学検査研究所の多彩な郵送検査キットなら気になる性病をいつでも簡単に検査できます。
365日無休、最速1~2日で結果が出るので、急いでいる人にもおすすめです。




知りたい性病をチェック!

性器クラミジア
淋病
膣カンジダ症
膣トリコモナス症
梅毒
HIV感染症
尖圭コンジローマ
性器ヘルペス
急性A型肝炎
急性B型肝炎
C型肝炎
赤痢アメーバ症
毛じらみ
疥癬
非クラミジア性NGU
細菌性腟症
軟性下疳
性器伝染性軟属腫
性病性リンパ肉芽腫
鼠径部肉芽腫
成人型T細胞白血病リンパ腫

↓クリック!!↓

簡単診断