性病検査をするには敷居が高い病院

今、性病が心配で検査を受けたい時、まず考えるのは病院へ行くことだと思います。

でも病院は一番確実だとは思うけれど、問題が問題なだけになかなか気軽に受診するというわけにはいきませんよね?

実は、性病検査を受けることができるのは病院だけではありません。

保健所で検査してもらう方法と郵送で性病検査キットを使って自宅で検査をするという方法もあるんですよ。

これら3つの検査方法の違いについては上の記事で紹介することにして、この記事では、とにかく病院へ行って早急に性病検査を受けたい場合について解説します。

性病をしらべてもらおうと意を決して病院へ行ったら、どんなことを聞かれるのか?どんなことをされるのか?料金は?すぐに結果が出るのか?などいろいろな疑問があると思います。

ここの記事ではそれらの疑問の解消と診察の流れについてまとめてみました。

病院で性病検査を受ける時の準備とメリット・デメリットなどの特徴

勇気をふりしぼって病院へ行くと決めたら、恥ずかしい思いをしないためにも事前にどんなシステムなのか?長所・短所は?値段はいくらくらいなのか?を把握しておきたいですね。

まずは性病検査をしてもらえる医療機関を探しましょう。

性病を診てもらえる病院・クリニックを調べる

ネットで性病検査をしてもらえる病院を探すイメージ

性病検査は医療機関ならどこでもできるというわけではありません。

名前に◯◯病院と付く施設ではすべての性病を診てもらえますが、診療所・クリニック(性病科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科などの専門科)ではすべての性病を検査できない場合があります。

 

nicol説明

事前に自分の知りたい性病を診てもらえるのか、ホームページなどで診療内容を確認しておきましょう。

女性の性病を診てもらえる病院・クリニック

性病検査を受ける女性

  • 婦人科
  • ウィメンズクリニック
  • 性病科
  • 皮膚科(皮膚に病変の出る性病)
  • 耳鼻咽喉科(咽頭に感染したクラミジア・淋病)
  • 内科(性病はごく普通の方が感染する可能性があるので内科でも診てもらえるところもあります)

 

nicol安心笑顔の説明

診療内容の他に、できるだけ恥ずかしい思いをしないように女性医師に診てもらえる曜日・時間などもチェックしておきましょう。

男性の性病を診てもらえる病院・クリニック

性病検査を受ける男性

  • 泌尿器科
  • 性病科
  • 皮膚科(皮膚に病変の出る性病)
  • 耳鼻咽喉科(咽頭に感染したクラミジア・淋病)
  • 内科(性病はごく普通の方が感染する可能性があるので内科でも診てもらえるところもあります)

 

nicol説明2

診療内容については電話してみるのが確実です。中には保険診療を行っていないクリニックもありますので問い合わせてみることをおすすめします。
医療機関の詳細は保健所でも教えてくれますので気軽に相談してみてください。

病院での性病検査の匿名性

保健所の性病検査は匿名をイメージ

病院での診察・性病検査は必ずカルテを作成する都合上、匿名というわけにはいきません。

とはいっても、患者のプライバシーは法律で守られているので外部に漏れるということはまずありません。

ただし、病院で診察を受けて家族に知られる可能性はあります。

また、保険診療で受信した場合、後日、被保険者宛に受信状況の通知が送られてきます。

独立していれば心配ありませんが、あなたが実家に住んでいるなら家族に知られるかもしれません。

全額自己負担(自由診療)であればこのようなケースは起こりません。

病院での性病検査の費用はいくらぐらいかかるのか?

病院での性病検査にかかる費用のイメージ

病院で性病検査をする上でメリットといえるのが健康保険を使えるということです。

しかし、これには制約があります。

保険適用になるのは性病らしき症状がすでにあってその確認のために検査をする場合です。

「症状はないけれど性病にかかっているか心配だから検査したい」というケースでは保険は使えませんのでご注意を。

症状はあっても、その症状に該当しない別の性病も調べたいというケースでは、その性病を調べる検査に対して保険は適用されないかもしれません。

その辺の境界は診察をした医師の判断によるところが大きいでしょう。

全額自己負担で検査するならば、1項目あたり2,000~4,000円くらいで、検査できる性病を全て網羅すると20,000~30,000円はかかるでしょう。

保険が使えればこの金額の3割負担になります。

病院で性病検査をすると結果が出るまでどのくらいの日数?

HIV検査

HIV(エイズウイルス)

HIV検査は最初にスクリーニング検査を行い、陽性だった場合に抗体確認検査行って確定診断します。

最初のスクリーニング検査は多くの病院で即日検査を行っています。

陰性の場合はすぐに確定します。

万一、陽性となったら確認検査に進みその結果が出るのに数日かかります。

他の性病検査

HIV以外の性病を院内で検査できるところは少ないので、それらを検査する時は外部の衛生検査所に委託します。

そのため結果が出るまで数日かかってしまいます。

また、検査の結果はわざわざ自分で病院へ聞きに行かなければなりません。

病院で性病検査する最大のメリットはすぐに治療に進めること

何と言っても、病院で診てもらう最大の長所は性病と診断されたらそのまますぐに治療に入れることです。

時間的にかなり節約できます。

顕微鏡で性病診断

性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、カンジダ、トリコモナス、疥癬などは視診(目で見て診察すること)や検体(分泌液や皮膚の擦過物)を顕微鏡で観察してその場で診断がつく場合があります。

その時にはすぐに治療に進めることができるのです。

こんな方は病院での性病検査に向いている・向いていない

以上のような特徴を踏まえて、病院での性病検査に向いている方と向いていない方についてまとめてみました。

保健所で性病検査を受ける男女

向いている方

  • すでに明らかな性病と思われる症状が出ている方
  • ある程度自分の都合で検査の時間を決めたい方
  • 症状がある・なしにかかわらず最短で問題を解決したい方
  • なんらかの症状があって健康保険を使って性病検査を受けたい方
向いていない方

  • だれとも顔を合わせることなく性病検査を受けたい方
  • 完全に匿名で検査を受けたい方
  • 診察時間に病院に行く時間が取れない方
  • 費用をかけたくない方

病院で性病検査を受ける実際の流れ

性病検査に行って問診を受けるイメージ

  1. 受付けで手続き

    受付けで初めての診察であることを告げて、健康保険証を提出します。
    ※全額自己負担するなら必要ありません。

  2. 問診票に記入

    渡された問診票に必要事項を記入します。具体的には
    ・住所、氏名、生年月日、電話番号
    ・本日の来院理由(おりものが多い、排尿時に痛い、性器にできものがある、etc)
    ・女性の場合月経について(初潮年齢、月経周期、月経量etc)
    ・これまでの病歴、薬に対するアレルギー、現在服用している薬etc

  3. 診察室で問診

    名前を呼ばれたら診察室へ入り、医師から問診を受けます。
    性交渉の時期や症状が出ているなら症状が現れた時期、これまでの処置・薬剤使用の有無などを聞かれます。
    正確な診断のために隠さずに正直に答えましょう。

  4. 視診・触診

    症状がある場合は性器の診察をします。下着を脱いで診察台に上がりましょう。
    常に看護師が1人付きますので安心してください。
    性器にできた変化を触診して痛みの有無や硬さなどを調べます。
    尿検査をする必要があれば尿道に管を入れて尿を採取します。

  5. 膣鏡検査・内診

    女性で必要であれば膣鏡を挿入して膣を広げて、膣や子宮口付近の粘液を採取して検査します。
    内診では指を入れて、子宮、卵管、卵巣の状態を観察して圧痛の有無や骨盤腹膜炎がないかを調べます。

  6. 採血

    血液検査で抗体検査を行ったり、感染兆候の有無や全身状態に問題がないかをチェックします。

  7. 結果の説明と治療・服薬指導

    最後に検査の結果の説明と治療方針が説明されます。検査結果が数日経たないとわからない場合でも暫定的に治療を行っていくことが多いです。
    症状がなく性病検査を受けたいだけであれば、数日後にあらためて結果を聞きに行くだけです。

 

nicol困り顔

現在でている症状から性病が強く疑われる場合は素直に病院へ行きましょう。

性病検査キットや保健所で検査はできても治療はできませんので、結局病院に行かなければなりません。

nicol説明

症状が出ていない、あるいは他の原因かも知れない、という時には、匿名で誰にも知られずに検査できる性病検査キットの利用がおすすめです。

知りたい性病をチェック!

性器クラミジア
淋病
膣カンジダ症
膣トリコモナス症
梅毒
HIV感染症
尖圭コンジローマ
性器ヘルペス
急性A型肝炎
急性B型肝炎
C型肝炎
赤痢アメーバ症
毛じらみ
疥癬
非クラミジア性NGU
細菌性腟症
軟性下疳
性器伝染性軟属腫
性病性リンパ肉芽腫
鼠径部肉芽腫
成人型T細胞白血病リンパ腫

↓クリック!!↓

簡単診断