性病に感染することは無いと思っているカップル

何度もお伝えしているように、今年は梅毒がひじょうに猛威をふるった年となりました。

でも恐ろしいのは梅毒だけではありません。

抗生剤に対する強力な耐性を持った淋菌の出現に、いまだに減る様子のないHIV感染者数、相変わらず桁違いに多い性器クラミジア。

世間的には過去の病気と思われがちな性病がいまなお沈静化しないのは、おそらく個人個人が性病に対する認識があまい、というか、間違っていることが大きいのではないかと思います。

いま一度、あなたの性病に対する認識をチェックしてみましょう。

性病のことこんな風に思っていませんか?

特定のパートナーとしかセックスしていないから性病にならない

性病のネットワーク

性病の蔓延を防ぐ重要なポイントは、不特定多数と性行為をしないことであるのは間違いありません。

ただし、

「私は恋人としかエッチしていないから性病の心配はない」

とは必ずしも言い切れないのです。

なぜなら、あなたもあなたの今のパートナーもはじめてエッチをした人同士ならそうなのかもしれませんが、多くの場合、どちらかは元恋人とセックスの経験があるからです。

各性病を解説したページや他のページでも何度となくお話してきたように、性病に感染したからといって必ず症状が出るものではないのです。

何の症状もなく本人が気づいていなくても、いわゆるキャリア状態で菌を保有していたり、女性の子宮内や骨盤腔への感染のように深く感染が進行して外面的には症状が出ていないことは珍しくありません。

元カレ、、元カノとの関係は切れていても、感染の連鎖、感染のネットワークが続いているかもしれないのです。

症状がなく健康そのものだから性病のはずがない

無症状でも性病に感染している妊婦と女子高生

 

上に述べたように、性病に感染しても誰もが典型的な症状を出すとは限りません。

もっとも多い性病の性器クラミジアでは特にその傾向が高く、妊娠前の検査で数%の妊婦さんに感染がみられたり、セックスの経験がある女子高生ですら13%に性器クラミジアの感染が判明したという結果が出ています。

他にも淋病やヘルペスなど無症状の場合がある性病はいくつもあります。

何の症状もないからといって性病の可能性がないことにはならないのです。

セックスの経験がある誰もが性病に感染している可能性があることを知っておきましょう。

感染の有無を知るために、定期的に性病検査を受けることが理想です。

フェラチオしかしていないから性病にはかかっていない

フェラチオのイメージ

まだまだ、多くの人が誤解していることに

「膣性交をしていないから性病に感染することはないだろう」

ということ。

これも何度も記事にしているように大きな間違いです。

フェラチオはオーラルセックスと呼ばれるように性行為に変わりありません。

性病には口やノドへ感染するものは少なくないのです。

近年はクラミジアや淋病ではノドへの感染、咽頭感染がかなり増えていて大きな問題になっています。

特に、風俗ではオーラルセックスが盛んなため、従事する女性を感染源として性病の蔓延に拍車をかけています。

性病の感染ルートは膣性交とは限りません。
フェラチオもセックスであることをしっかり認識しましょう。

コンドームつけていたら性病にかかることはない

コンドームが多くの性病の予防に効果的なことに異論はありません。

ただし、その効果が発揮されるのは性病の種類によるのと、正しくコンドームを使用した場合に限ります。

性病に種類によってはペニスや膣以外の部分から感染が起こるものがあります。
尖圭コンジローマはその代表格でしょう。

尖圭コンジローマでは性器の部分に病変が多いですが、性器以外の部分にも病変を作ります。
その部分がコンドームに覆われていなければ感染は防止できないのです。

また、コンドームが予防に有効な性病であっても、コンドームを正しく使わなければ予防効果は著しく低下します。

さすがにコンドームを再利用するような人はいないでしょうが、扱いが雑であったりペニスへの装着が間違っていると、セックスの途中で破れてしまったり、外れてしまって性病感染が起こってしまいます。

コンドームを正しく使用することと、コンドームは万能でないことを知っておきましょう。

以上、性病予防の上で問題となりそうな、性病に対する誤解の代表的なものを挙げてみました。

性病はとてもプラベートな”セックス”という行為を介して感染します。

政府やお医者さんも性病をなくすためにいろいろ努力をしていますが、結局、あなたを性病から守るためにはあなた自身が性病に対する予防意識を持って、実践していくしかありません。

あなたと大切なパートナーを守るのはあなたにしかできないのです。

知りたい性病をチェック!

性器クラミジア
淋病
膣カンジダ症
膣トリコモナス症
梅毒
HIV感染症
尖圭コンジローマ
性器ヘルペス
急性A型肝炎
急性B型肝炎
C型肝炎
赤痢アメーバ症
毛じらみ
疥癬
非クラミジア性NGU
細菌性腟症
軟性下疳
性器伝染性軟属腫
性病性リンパ肉芽腫
鼠径部肉芽腫
成人型T細胞白血病リンパ腫

↓クリック!!↓

簡単診断