仲のいいカップル

梅毒とならんで古い性病である淋病(淋菌感染症)は、昔からあまり深刻な病気とは思われていません。

このことはもう1つの古い性病である梅毒に苦しんだことが大きいのでしょう。

しかし、現在では梅毒と淋病の立場は逆転しているのを知っていますか?

梅毒が今ではすんなり治療できるのに対し、淋病は薬が効きにくくなって治療がしにくくなっているのです。

今は、梅毒よりも淋病のほうがやっかいな性病だと考えを改める必要があります。

淋病は、一般の人のイメージと実際の治療の大変さにとても温度差のある性病。

そのため積極的に性病検査を受けたり、治療後にも検査を受けて淋菌を根絶したことを確認したりすることがとても大切になってきます。

この記事では、淋病をどこで検査をするか、検査する時期や費用は?などについてご紹介しています。

淋病検査への理解が進んで、積極的に検査を受けてもらえるようになったら幸いです。

淋病がどんな性病なのかを詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

淋病の検査をどこで受ける?

「淋病に感染したかも?」と心配な時、検査を受けるには

  1. 病院へ行って検査してもらう
  2. 保健所で検査してもらう
  3. 性病検査キット(郵送検査)で自分で検査をする

の3つの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを考えて、自分にあった方法で検査をしましょう。

病院へ行くのなら何科に行けばいい?

性病科の病院

病院で性病の検査を受けようと思った場合、まず迷うのは何科の病院へ行けばいいのかということでしょう。

勇気を出して病院へ行ったのに、診てもらえなかったら何にもなりません。

性病によっては、複数の科にまたがるような症状を出すものもありますが、淋病は男女ともに症状が限られているので、それほど悩むことはないでしょう。

淋病の典型的な症状は、男性では

  • 排尿時に痛い
  • 尿道から膿が出る

など尿道炎の症状、女性では

  • おりものが増える
  • 汚いおりものが出る

などの症状です。

男性なら泌尿器科女性なら婦人科か産婦人科が適当です。

性病の専門病院である性病科でもかまいません。

また、泌尿器科は外科に含まれるので、泌尿器科の看板をかかげていなくても淋病の検査ができる外科病院は多くあります。

念のため受診前に、クラミジア検査を受けられるかどうかを、電話で確認しておきましょう。

↓近くの病院をチェック!↓

保健所で淋病検査を受ける際の注意

保健所

HIV検査は、日本全国の多くの保健所で、無料で検査を受けることができます。

最近は、HIV以外にも梅毒・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア・淋菌感染症などが検査できる保健所もあります。

保健所での検査は、無料で非常にありがたいですが、

  • 検査日が限られる
  • 検査人数が限られる
  • 検査結果を書面でもらえない場合が多い
  • HIV検査以外の検査は実施している保健所は非常に少ない

などのデメリットがあります。

なのであまり期待せず、近くの保健所で淋病の検査を行っていればラッキーくらいのつもりで調べてみましょう。

↓全国の保健所について、こちらのサイトでHIV以外の検査を行っているかを検索できます。

healthcenter

誰にも会わずに淋病検査ができる郵送検査

衛生検査所

今の若い世代は、セックスに対する後ろめたさはあまりないですし、友達同士でも普通にエッチのことを話したりします。

でも、いざ性病の疑いがあるとなったら、さすがに恥ずかしくて相談もなかなかできないようです。

前述の通り、淋病の検査は泌尿器科や婦人科などでしてもらえます。

家族や友達に内緒にして行くことはできますが、保険を使うとあとでバレる可能性があります。

(※健康保険を使うとあとで診療内容の明細が郵送されてくる。)

保健所は匿名で検査可能ですが、ほとんどの保健所では淋病の検査をしていません。

その点、自分で検体を取って郵送で送る性病検査キットは、いつでも必要な時に検査することができ、最初から結果を受け取るまで誰にも会わずに検査を完了することができます。

送った検体の検査を担当するのは衛生検査所で、お医者さんが検査を依頼する場所と同じ。

つまり、お医者さんへ行ってしてもらう検査と同じレベルの検査を受けられるということ。

検査結果の信頼性に心配はありませんので、安心して依頼することができます。

淋病検査にかかる費用は?

 

病院での性病検査にかかる費用のイメージ

性病検査を受けるとなったら、まず気になるのは費用がいくらかかるのかということですね。

病院へ行って、淋病の単独の検査をしてもらった場合には2000~4000円くらいをみておけばいいでしょう。

もし、淋病の症状が出ていて病院へ行ったのなら、健康保険が使えて3割負担の600~1200円くらいにおさまります。

ただし、症状が出ている場合はクラミジアとの同時感染やノドへの感染も検査されるかもしれません。

その場合は、保険を使っても2~3倍余分にかかるとみておきましょう。

保健所はほとんどの場合は無料です。

問題は近くの保健所で淋病検査を行っているかどうかですが、たとえ行っていたとしても検査日が限定されていて人数制限もありますので、事前にしっかり調べておきましょう。

性病検査キットは高いイメージがあるかもしれませんが、意外に安く、淋病単体の検査なら3000~4000円程度ですることができます。

でも、淋病はクラミジアとの同時感染やノドへの感染がよくあるので、費用はかさみますがセットで淋菌・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジアの検査をすることをおすすめします。

淋菌(淋病)・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジアの4項目でもGME医学検査研究所のローコストセットなら10,330円で実施できます。

クラミジア・淋菌検査+のど2項目(男性用)

クラミジア・淋菌検査+のど2項目(女性用)

淋病の検査方法

淋病の検査には、主に核酸増幅法といって淋菌の核内に含まれるDNAやRNAなどを検出する検査法が用いられます。

病院・保健所・郵送検査において核酸増幅法は淋病検査の主力です。

他に、病院においては熟練したお医者さんの場合、顕微鏡で調べる検鏡法が行わることがあります。

検鏡法ではその場で診断できるメリットがありますが、男性の尿道炎でしか使えません。

また、耐性菌による難治性の淋病では、培養検査が行われることもあります。

いつ検査を受ければいい?

いつ検査をすればいい?

では、いざ心配で淋病の検査を受けたい場合、いつの時点で検査を受けるのが良いのでしょう。

淋病の検査を受けるパターンというのは3種類あります。

  1. 男性ならオシッコをした時に痛みがあったり膿が出たりした時。女性ならおりものの量が増えたり汚れたおりものが出てきた時
  2. 症状はまだ出ていないけど、淋病を持っていそうな相手と性行為をしてしまった場合
  3. 定期的な検査や付き合う相手が変わった時のカップルチェックやブライダルチェック

1番めのケースは、すでに症状が出ているので、すぐにでも検査が可能です。

この場合は、治療のことも考えて、最初から病院へ行って検査を受けるのが無難でしょう。

2番めのケースでは検査をするタイミングを考える必要があります。

行為後に「やばいかも」と思って、あわてて検査しても検査に引っかかりません。

でも、行為から1~2日経過していれば検査可能なので、最低でも丸一日は待ってから検査を受けるようにしましょう。

3番目のケースは安心のための検査で、症状もないし、感染したかもしれない行為が特定できないので、いつ検査しても問題はありません。

淋病検査のためのサンプル採取方法

淋病検査のための検体は男性なら尿女性なら膣分泌物を採取して、核酸増幅法で検査されます。

男性の尿は、病院でも性病検査キットでも、トイレで自分の尿をコップに取って採取します。

女性の場合は、病院ではお医者さん or 看護婦さんが採取。

性病検査キットでは専用の綿棒を使って自分で採取します。

以下は自分で膣分泌物を取る方法を動画で解説したものです。

もし咽頭淋菌を検査するのなら、男女ともにノドを綿棒で擦過するして採取するか、うがい液を検体として使います。

病院ではお医者さん or 看護婦さんがしてくれますが、性病検査キットでは自分で採取します。

淋病治療後の確認検査の重要性

梅毒について説明する女医

淋病でもっとも気をつけないといけないのは、抗生剤に耐性を持った淋菌の存在です。

今のところ、セフトリアキソンスペクチノマイシンは淋病に効きますが、いつ効かなくなるかはわかりません。

効かなくなったテトラサイクリン系やニューキノロン系の抗生剤も最初は効いていたのです。

それが乱用されるうちに効かなくなってしまったもの。

なので、セフトリアキソンやスペクチノマイシンもいつ効かなくなるかわかりません。

治療を受けても症状がおさまったとしても、淋菌がゼロになったとは限らないのです。

もともと淋菌は感染しても症状が出ないこともある病気。

治療で菌が減っただけで、症状はなくなります。

つまり症状がなくなった=淋菌がいなくなったではありません。

もし、淋菌が生き残ってしまったら、それはセフトリアキソンやスペクチノマイシンの攻撃をしのいだ菌なので、元気を取り戻して増殖したら薬の効きにくい淋菌ばかりになってしまいます。

必ず、治癒確認の検査を受けて、淋菌を根絶できたことを確かめましょう。

もし、淋菌が残っていたら弱っているうちに、追い打ちをかけて徹底的にやっつけないといけないのです。

まとめ

淋病は昔から梅毒の影に隠れて、あまり大変な病気とは考えられてきませんでした。

ところが、近年は耐性菌となって、梅毒以上にやっかいな性病となっています。

耐性を持った淋菌はほんとうにやっかいですから、きっちりと検査を受けて、治療は病院でしてもらって、最後に治癒したかどうかの確認を忘れずにしましょう。

ネットでジスロマックを買って、自己流で治療するなんて問題外ですからね。

淋病の詳細は>>>淋病(淋菌感染症)ってどんな病気?原因・感染ルート・症状など徹底解説!

GME医学検査研究所のキットなら365日無休、最速1~2日で結果が出るので、急いでいる人におすすめです。

GME医学検査研究所の詳細ページ

知りたい性病をチェック!

性器クラミジア
淋病
膣カンジダ症
膣トリコモナス症
梅毒
HIV感染症
尖圭コンジローマ
性器ヘルペス
急性A型肝炎
急性B型肝炎
C型肝炎
赤痢アメーバ症
毛じらみ
疥癬
非クラミジア性NGU
細菌性腟症
軟性下疳
性器伝染性軟属腫
性病性リンパ肉芽腫
鼠径部肉芽腫
成人型T細胞白血病リンパ腫

↓クリック!!↓

簡単診断